天然じゃなくて大人のADHDでした。

30歳になってやっと自分が大人ADHDだったことに気づきました。

おすすめのブログ紹介マイナス人間向け

仕事の納期が迫ってきてアタフタし始めました。annaです。

私のブログネームは好きなモデルの土屋アンナさんから取ったんだけど、土屋アンナさんも最近、3度目の出来ちゃった婚を発表しましたね。世間でバッシングを受けると分かった上での公表だと思いますが、それでも出会いに期待し、諦めない姿勢は見習いたいですね。

私はコミュ障30歳。もうすぐ31歳になりますよー。

自分の考え方を変えないとこの先、生きずらくなることに気づき一喜一憂しています。

今日はそんなマイナス人間にお勧めのブログを紹介したいと思います。

f:id:rioponi:20161116014317p:plain

majikuzu.doorblog.jp

 

私はとてもとてもマイナス思考で、少しずつ考え方や行動・苦手を克服しようと思っています。そこで、少し心に効いたこの記事のタイトルには目を惹かれました。

 

折れない心の作り方

この記事の内容は心が折れやすい人の特長、克服の手段などが紹介されています。

これは私にもあてはまる事で、自己愛が強い人は傷つくのをとても恐れるそうです。

自己愛が強い人は自意識過剰と書かれている事にまたグサリと刺さったり。

どうして私は、傷つくのを恐れるんだろう。

人に嫌われたくないから?悲しい気持ちになりたくないから?

もういっぱいつらい想いをしたよ??人に興味を持たなければ傷つかなくて済むとも考えたたり、そうすると結果どんどん孤独なっていった時期も確かにありました。

 

 

どうしたら・・・どうしたらいいんだろうってまた、無駄な自己嫌悪に陥るところに、

自分の考えは根本的に間違ってると思うようになりました。これまで自分の考えで

自分をダメにしていたから。根拠のない自信を持つことをやめる。自分のプライドはくだらないと考える。そうすると、もっとボケーーーっとなってしまう事もあるけど。

「こんな自分だからこそ」と、自分の見方を変える

私はとにかく自分が傷つきたくない一心からの「どうせこんな自分だし」でいろんなことを諦める理由探しをしていました。人と満足に話せないのも「どうせ自分は自分は」と。失敗した時も「やっぱり今回もダメだったなぁ」と。

 

しかし考え方を変えて「出来ないことは少し頑張ったくらいじゃすぐに出来るようにならないから、こういう自分だからこそ出来る精一杯をやればまぁいいんじゃないかなぁ」と考えるように。

 

・心折れる考え方→全部完璧にやろう→やっぱりダメだった
・心折れない考え方→出来ることをまずやろう→いつも通り出来た少し頑張れた

 この言葉に少し励まされました。

私はまだまだグズグズ人間。失敗すると、「どうせ私なんか」と冷めていれば傷つかなくてすむし、都合が良い言い訳を通してやろうと思っていました。

たまに今もでるけど。

だけど、そんな私にも旦那さんがいますので、彼と楽しく過ごしていけるように

少し考え方を変えていこうと面ます。

 

出来ることをまずやろう→いつも通りできた→昨日より成長した。

 

私はこれから魅力的な女性になる!

 

 

広告を非表示にする