天然じゃなくて大人のADHDでした。

30歳になってやっと自分が大人ADHDだったことに気づきました。

職場で空気みたいな存在になる原因について。

f:id:rioponi:20180918084439j:image

職場で空気みたいな存在の人っていますよね。

私も経験があります。ももりです。

その職場では空気になって消えちゃった。

(退職したんですけどね。)

今日は空気になってしまったプロセスを綴ってみたいと思います。

 

入社するときに違和感を持ったらダメ

新しい職場は誰でも緊張したり、不安になりますよね。そこで意欲はある人はどんどん聞いて吸収する猶予を与えられるのですが、

人見知りな人だと、そこでスタートダッシュが遅れ気味になります。

自分が抱えてる不安は他人にも伝わるものです。入社してうまくやっていけるかどうか

不安なままだと、何も始まらないですよね。

私は以前、その時の勢いで入社した会社がありましたが、経験の無さを気にしすぎて周囲と温度差を感じてうまく馴染めませんでした。

 

まずは3ヶ月!周囲の反応も3ヶ月

この3ヶ月で本来なら、、、というか

コミュ力が高い人は仕事の段取りを覚え、

周囲との人間関係を構築します。

でも、私は仕事の段取りを覚える事だけに目を向けて周囲との人間関係をほぼほぼ、無視していました。

例えば、雑談しないとか、プライベートな事を聞かれても嫌な顔するとか。

どうしてプライベートな事を聞いてくるのか分かりませんでした。

余計な事聞いてくるなと、あからさまに態度に出ていました。

世の中には私のように物事を捉える人がいて、

仕事だけちゃんと覚えれば大丈夫だとか

この仕事しかやりたくない人とかいるんです。

 

そのうち、何かを人に頼む時、分からない事を質問したい時にある程度人間関係を構築しておかないと、物事がすんなりいかない壁にぶつかります。

 

回避方法

大丈夫です。プライベートな事を聞かれるのも、趣味や休みの日は何してるとか、

そんな質問も最初の2週間程度です。

嫌な顔するくらいだったら、定型化して無難な

返答内容を用意しておけば良かったんです。

 

「休みの日は何してますか??」

「そうですねー。取り溜めたテレビ番組見てますが、なかなか見れません」

と言っておけば映画より深い話になりません。

 

半年後、、、気付けば誰も相手してくれなくなった。

人間関係を構築できなかった私はどうなったかというと、居ても居なくていい人になりました。メンタルが弱いので居座る根性もない。

話にもついていけなくなり、

「あっ。居たんだ」と言葉の暴力を受け退職しました。

 

今なら改善できること

恥ずかしいですけど、今も極度の人見知りで

対人恐怖です。でも、仕事が続かない理由は

周囲との関係構築をせずに仕事してればいいと言う身勝手な考えが原因でした。

どうしてそうなってしまったのか、次回考察してみたいと思います。